鍵開け緊急のお電話はコチラまで

鍵開け、鍵交換のお問い合わせ24時間受付可能
お電話でのお問い合わせはコチラをタッチ
column

column 鍵屋の豆知識コラム

ロードバイク初心者におすすめ!安くて頑丈な自転車の鍵

2019.11.17 鍵について


ロードバイクは、お金がかかる趣味になりますよね。学生の通学用の自転車や、いわゆるママチャリなどに比べると、ロードバイクはかなりの高級品だからです。そして、せっかく購入したロードバイクを盗まれてしまう危険性があるかも?ということも気になると思います。

日本国内での自転車の窃盗数は少なくありません。いつあなたのロードバイクが窃盗犯に狙われてしまってもおかしくないのです。そのため、高級で頑丈な鍵をロードバイクにかけるべきですが、可能ならば、鍵にかける費用をなるべく抑えたいと思う方もいるでしょう。

そこで今回は、あなたの大切なロードバイクを守ってくれる安くて頑丈な自転車の鍵をご紹介します。

ロードバイクのおすすめの鍵とは?

自転車の鍵には、大きく分けて4つの種類があります。

  • U字ロック
  • チェーンロック
  • 折りたたみ式ロック
  • ワイヤーロック(ケーブルロックともいう)

この4つのうち、どの鍵がロードバイク初心者におすすめなのでしょうか?それぞれの特徴をご紹介します。

防犯性が高いのはU字ロック

最も頑丈なのはU字ロック式の鍵であす。使い方も分かりやすく、ロードバイク初心者にもおすすめの鍵です。

U字ロックの課題は重量があることと、値段が比較的高いということですが、高級なロードバイクを購入した場合は、迷わずこのU字ロックを使うべきと言っても過言ではないでしょう。

チェーンロックは防犯性と汎用性が高い

チェーンロックはその名のとおりチェーンで作られていますが、チェーンを何らかの素材で包んだものが一般的です。

頑丈さと長さがあるため、構造物などとロードバイクをくくりつけることが簡単に行えるため、初心者にもおすすめの鍵です。

折りたたみ式ロックはかさばらない

コンパクトに折り畳むことが可能であり、見た目もカッコいい鍵で、持ち運びに便利です。防犯性はアイテム次第といったところで、高級品で大型のものは十分に強度があります。

ワイヤーロックは安いが防犯性は低い

ワイヤーロックは安さともろさを合わせ持っています。ワイヤーは窃盗犯が使う工具の前では無力なため、手慣れた窃盗犯には一瞬で切断されることもあります。

複数の種類の鍵を使ってロードバイクを守るのが基本

防犯性を高める意味では、一種類の鍵だけでは足りません。複数の鍵を組み合わせて使うことが基本です。複数のカギを使用し、窃盗犯から自転車を守りましょう。

ロードバイクを守るためにおすすめのU字ロック

ロードバイクを守るためにおすすめの鍵の最高峰は『ABUS Granit X-Plus 540』です。

これならば十二分な頑丈さを得ることができますが、その値段はセールでも1万円を切ることは考えられません。

安心を求めるためには予算を多めに取れる方、あるいは高級なロードバイクを購入されて、盗まれることが不安でたまらない方は、この『ABUS Granit X-Plus 540』を使用するとよいでしょう。

低価格でコストパフォーマンスの良いU字ロックもありますので、ご紹介しますね。

コストパフォーマンスに優れたU字ロック

『INBIKE 自転車U字ロック&ストッピングワイヤーセット』は2980円で購入することができるU字ロックです。

この鍵が優れているところは、ワイヤーも一緒についているという点で、コストパフォーマンス的にお得です。上述の通り、複数種類の鍵を併用することで防犯性は向上するため、この鍵を購入するだけで2種類の対策を行えるという意味で、コストパフォーマンスに優れているのです。

安価で軽量のU字ロック

『Panasonic 超軽量U型ロック』は、1800円ほどで購入できるU字ロックです。この鍵の特徴は軽量であることで、417グラムほどしかありません。そのため持ち運びが楽になります。

値段も安いため、複数のU型ロックを購入して使用することを考えた場合は、コストパフォーマンスの面でも良さがでてきます。

ロードバイクを守るためにはチェーンロックもおすすめ!

単独で使用しても、ワイヤーロックより防犯性の高いチェーンロックですが、U字ロックと組み合わせることにより、ロードバイクを窃盗犯から守りやすくなります。

それでは、おすすめのチェーンロックをご紹介していきます。

総合的にバランスが良いチェーンロック

『DOPPELGANGER 5桁ダイヤル式チェーンロック』は、高強度でありながらも、885グラムという軽い重量を実現したチェーンロックです。

5桁のダイヤルロック式も採用し、防犯性もそれなりに高く、1400円で買えるため、スペックに比べると、お得な鍵です。

ブランド力を頼るチェーンロック

『ABUS チェーンロック1500』は2200円ほどで購入できるチェーンロックです。

これは強度だけでなく、ABUSというブランド力を活用することで、窃盗犯に対しての抑止効果も期待できます。

ロードバイクを守るためにおすすめのワイヤーロックもある!?

安さの面ではワイヤーロックは魅力的ですが、もろさがあるのは心配になります。

しかし、強度を保ちながら値段も抑えたワイヤーロックもあります。

初心者におすすめのワイヤーロック

『J&C ジョイント式極太ワイヤー錠』は1200円ほどで買えて、600グラムほどの重量を持つ極太のワイヤーロックです。

値段も安く、十二分な頑丈さを持っているため、おすすめの鍵です。ワイヤーロックとしては、かなり重たいですが、その分、強度は高いです。

より安心なワイヤーロック

『ABUS Microflex 6615 key』は、4000円ほどで買える高性能なワイヤーロックです。

ABUS社製であるというネームバリューと、頑丈なスチール製ワイヤーの周囲を、スチールのアーマー構造と樹脂がコーティングされていて、切断に対して強い抵抗を見せてくれます。

ワイヤーロックとしては高級品にはなりますが、十分な防犯性能を発揮する鍵なのでおすすめです。

まとめ


自転車を守るためには、複数の鍵を使うことが原則です。複数の鍵がかけてあれば、それらを窃盗犯が解除するまでの時間がかかるので、盗まれにくくなります。

安価な鍵を使ったとしても、工夫次第では防犯性を上げることが可能になるため、複数の鍵の使用を心がけるようにしていきましょう。

そして、可能ならば、駐車時間は短くすることが肝心です。長ければそれだけ窃盗犯に狙われやすくなってしまいます。また、高級なロードバイクは基本的に屋内で管理するようにし、屋外に置いておかないように心がけましょう。

鍵に関してはマッハ鍵サポートにお任せください!

WRITER この記事を書いたのは…

著者: 坂本祐一

大手金庫メーカー在籍3年、後に鍵開けチェーン店に勤務 その後マッハ鍵サポートに入社、鍵歴10年のベテランです。 セミナー講師、鍵連載コラム多数あり。

最新記事

最新の開錠事例