お電話はコチラまで

お問い合わせ24時間受付可能
お電話はコチラまで お問い合わせ24時間受付可能
column

column コラム

スーツケースの鍵はかけない方が安全?盗難を防ぐための対策とは

2019.11.07 鍵について

海外旅行には必需品のスーツケースですが、そのほとんどには鍵が標準装備されています。しかし、旅行者のなかにはスーツケースに鍵をかけないという人もいるのではないでしょうか。もしくは安全と認識している人もいるかもしれません。

実際には、渡航先によってスーツケースに鍵をかけられないケースもあります。そこで今回は、本当に鍵をかけないことが安全なのかについてご紹介します。それと併せて、海外旅行で盗難被害を未然に防ぐためにできる対策も確認していきましょう。

海外旅行で鍵をかけたらダメ?

どの国も安全というわけではなく、盗難対策としてスーツケースには鍵をかけておきたいことろ。海外旅行ではスーツケースに鍵をかけるべきなのかをご紹介します。

アメリカはNG

アメリカ国内の空港では、職員が中身をチェックするために、スーツケースの鍵の破壊が許可されています。TSAロック以外の鍵をかけていると、検査によって壊されることがあります。また、少し前まではTSAロックなら鍵をかけることが許可されていました。しかし現在では、TSAロックであっても鍵をかけないようにとアナウンスされています。

アジアやヨーロッパはOK

アメリカ以外の国や地域の空港では、例外を除いて、スーツケースの鍵が壊されることはほとんどありません。ヨーロッパやアジア、アフリカ、南米などへ渡航するときは、スーツケースに鍵をかけることが許されています。ただし、空港職員以外に開けられるというリスクは消えないため、預ける荷物に貴重品は入れないという基本は守りましょう。

鍵をかけないと起きる危険とは


渡航先がアメリカ方面の場合、スーツケースに鍵をかけて預けることができません。しかし、鍵をかけないことで起こり得るリスクについても理解しておく必要があります。

盗難被害に遭う

機内に預けるスーツケースはいつも安全というわけではありません。少し目を離したスキに狙われてしまうこともしばしば。鍵をかけていないとすぐに開けられるため、常習犯なら数分以内で貴重品を盗むことができてしまいます。海外旅行に行くと防犯意識が高まるという人もいますが、たとえ空港であってもリスクがあることは覚えておきましょう。

スーツケースの中身が全部飛び出す

鍵をかけていても壊されるのであれば、鍵をかけていなくても変わらないのでは?と考える人もいるのではないでしょうか。しかし、スーツケースは空港の職員が投げて運ぶなど、乱暴に扱われることも少なくありません。そのため、鍵をしていない状態だと衝撃でスーツケースが開いて中身が飛び出すことも。

旅行者ができる対策

鍵をかけないことで起こるリスクはさまざまですが、回避できないわけではありません。これらのトラブルを未然に防ぐためにやっておきたい対策についてご紹介します。

可能な限りは機内に持ち込む

荷物を預けることは海外旅行において基本ですが、すべて機内持ち込みにすれば盗難や鍵の破壊といったリスクを回避することができます。しかし、利用する飛行機やグレードによって機内持ち込みができる荷物サイズは変わってきます。そのため、荷物が多い場合は預ける必要が出てきますが、荷造りの段階で検討してみても良いかもしれません。

スーツケースには貴重品を入れない

すべての荷物を機内持ち込みにするのが難しい場合は、パスポートや現金といった貴重品だけはスーツケースに入れないことを徹底してください。なぜなら、空港職員以外にもスーツケースの鍵を開けようとする人がいるからです。すべてを盗まれるというリスクを最小限にするためにも、貴重品は機内に持ち込むようにしましょう。

スーツケース用のベルトを巻く

鍵をかけていないと途中で中身が飛び出してしまう可能性があります。このような事態を防いでくれるのがスーツケース用のベルトです。また、ベルトが巻かれていれば盗難されるリスクも軽減されます。さらにどれも似たようなスーツケースばかりなので取り間違えなどの問題は少なくありませんが、ベルトを巻いておけばひと目で判別できます。

スーツケース用の鍵にはTSAロックのベルトがおすすめ

アメリカでは「TSAロックも含めて鍵をしないように」とアナウンスされています。

テロ対策として空港の職員が中身をチェックするために、鍵が壊されてしまう可能性が考えられます。このようなリスクを解決するためにおすすめなのがTSAロックのベルトです。

スーツケースの鍵は開けておいて、TSAロックのベルトをかけておけば、仮に空港で荷物検査に引っかかったとしても、ベルトが破損されるだけで済みます。

まとめ

渡航先によってはスーツケースに鍵をかけて預けることができません。とはいっても、鍵をかけないことで起こるリスクはさまざま考えられます。少しでも軽減させるために事前にできる対策はしっかりと行っておくことが大切です。もしスーツケース用のベルトを持っていないのであれば、海外旅行の前に準備しておくことをおすすめします。

鍵に関してはマッハ鍵サポートにお任せください!

WRITER この記事を書いたのは…

著者: 坂本祐一

大手金庫メーカー在籍3年、後に鍵開けチェーン店に勤務 その後マッハ鍵サポートに入社、鍵歴10年のベテランです。 セミナー講師、鍵連載コラム多数あり。

最新記事