鍵開け、鍵交換のお問い合わせ24時間受付可能
お電話でのお問い合わせはコチラをタッチ
column

column 鍵屋の豆知識コラム

トイレに閉じ込められた!鍵開けを依頼する手段がないときは?

2020.08.18 鍵のトラブル


トイレに閉じ込められてしまうトラブルは、いつ発生するか分かりません。

トイレの鍵は使用頻度が高いために経年劣化しやすく、古くなった鍵はある日いきなり鍵開けできなくなる危険があります。

もしもトイレに閉じ込められたときは、どうすればよいのでしょうか?

今回はトイレに閉じ込められたときの対処法について、ご紹介していきます。

緊急時には可能な限りの手段を用いて、状況を解決するように試みましょう!

鍵開けできないトイレに閉じ込められたとき!

トイレに閉じ込められたとき、まずは落ち着くことです。

自分が置かれている状況を判断し、適切な行動を選びましょう。

連絡手段があればすぐに使う!

トイレに閉じ込められたときに最も恐ろしいことは孤立してしまうことです。

まずはスマートフォンや携帯電話があるかを確認します。

それらの通信機器があれば、すぐに使用して誰かに連絡を入れます。

家族や友人、賃貸物件であれば大家さんへの連絡も有効です。

もしも長時間トイレに閉じ込められていて体調に不安があれば、119番に連絡してレスキュー隊を呼びます。

誰かに連絡することができれば、トイレ内に閉じ込められていたとしても、孤立してはいません。

誰かの救助を待ち、開かないドアの鍵開けを外部からおこなってもらいましょう。

トイレに入るときは、スマートフォン・携帯電話などを持って入ると良いですね。

連絡手段がなく孤立したときはどうする?

スマートフォンなどの連絡手段がないときは、まずは大声を出して周囲に助けを呼びます。

マンションであれば壁などを叩きながら、大声で助けを呼びましょう。

トイレ内は、冬は寒く夏は暑く、心筋梗塞などの虚血性心疾患や熱中症などの、致死性の急病が発生しやすい環境です。

孤立した時間が長くなるほど、生命・健康のリスクが増えるため、早期の解決を試みましょう。

近隣の住民に気づいてもらえれば、外部からの助けを得られます。

トイレに閉じ込められたときは自力での鍵開けを試してみよう!

もしも外部との連絡が取れないときは、どうすべきでしょうか?

数時間後に家族が帰って来るのであれば、家族の帰宅を待つのも選択かもしれません。

しかし、独居生活であるときはそういった解決方法は見込めません。

数日間孤立すれば、職場や親しい人物により警察に通報して探してもらえることもありますが、まずは、どうにかして自力でトイレからの脱出を試みるべきです。

鍵開けできないトイレのドアへの対処法をご紹介します。

鍵開けできないトイレのドアを鍵開けする方法!

サムターン(ドアの鍵をかけるツマミ状の装置)を操作しても鍵開けができなかったとしても、鍵開けする方法はあります。

トイレのドアとドア枠のあいだをのぞき込み、そこに横へと伸びる構造物(ラッチ)が見つけることができれば、鍵開けできるチャンスがあります。

トイレのなかにすき間に差し込めるものがあれば、それをすき間に差し込んで、ラッチを押してみましょう。

そうすれば、トイレの鍵開けができる場合もあります。

それほどラッチの操作に力はいりません。

トイレットペーパーの芯の紙を加工したものや、ヘアピンがあればそれを使っても開くことはできます。

ただし、全てのドアでこういった操作ができるとは限らず、ドアの構造や鍵の種類によっては、こういった操作が全くできないこともあります。

またトイレの中にこの鍵開け方法を使用できる道具があるとも限りません。

トイレのドアの鍵開けができないときの緊急手段はドアノブを破壊する!

トイレのドアの種類にもよりますが、鍵をかけたときにドアノブが動かなくなるタイプがあります。

このタイプの鍵は、力ずくでドアノブを回すことで、無理やりに鍵開けすることができます。

鍵を壊してしまうことになりますが、緊急手段であれば仕方がないと言えるでしょう。

トイレの鍵開けがどうしてもできないときは蹴破る!

トイレの鍵開け方法が何もないときには、ドアの破壊を試みます。

便座や壁などを使って体を固定して、ドアを押すような方向で力を加えます。

ドアノブ近くにある、鍵の構造を狙うように体重を浴びせるようにして押し込みましょう。

ドアを破壊することで、鍵開けできなくてもトイレの外に脱出できます。

トイレの鍵開けができないときに備えましょう

トイレに入るときはスマートフォンを持ち込む習慣をつけておけば、孤立するリスクを防げます。

孤立さえしなければ、多くの解決方法があるため、トイレにはスマートフォンを持って入ることを習慣づけておきましょう。

また家に一人しかいないときは、鍵をかけないようにするのも有効です。

トイレの鍵に関わらず、老朽化した鍵は故障しやすくなります。

古い鍵を長いあいだ使い続けるのではなく、定期的に新しい鍵へ交換することもリスクを下げてくれます。

まとめ

トイレに閉じ込められたときは、孤立しないように最善を尽くしましょう。

ときに命の危険が発生するので、トイレのドアノブや鍵を壊してしまうことになるかもしれませんが、内部からの鍵開け方法を試してみてくださいね。

鍵開けができなくなるリスクを管理するために、古く老朽化した鍵は新しい鍵に交換することをおすすめします。

鍵に関するご相談は、マッハ鍵サポートにお任せください。

お問い合わせはこちら

関連記事
【緊急対処方法】トイレのドアが開かない時にスグに試せる簡単な方法
トイレの鍵が開かない!すぐに出張してもらえる鍵業者は?【兵庫】

WRITER この記事を書いたのは…

著者: 坂本 祐一

最新記事

最新の開錠事例

※エリアや時間帯や混み具合によっては加盟店へ出動依頼をする事があります。