鍵開け緊急のお電話はコチラまで

鍵開け、鍵交換のお問い合わせ24時間受付可能
お電話でのお問い合わせはコチラをタッチ
column

column 鍵屋の豆知識コラム

玄関の鍵紛失【鍵開けの方法は?新たに鍵を作る方法も紹介】

2020.08.22 鍵のトラブル


鍵の紛失は日常的なトラブルであり、いつ自分の身に起こるか分かりません。

もしも玄関の鍵をなくしてしまったときは、玄関の鍵開けや新たに鍵を作成する必要があります。

そんなときはどういう方法がベストなのでしょうか?

今回は、玄関の鍵紛失を起こしてしまったときの鍵開けや鍵作成をする方法を紹介します。

トラブル発生時には専門家の力を借りて、スムーズなトラブル解決を目指しましょう。

玄関の鍵を紛失したとき!鍵開けや新しい鍵を作る方法!

鍵は最も多用する防犯用品であり、そのサイズは携帯しやすい小型なものです。

そのため玄関の鍵をどこかに紛失してしまうことは多々あります。

鍵をなくしたときは、まずは落ち着いて自分の行動を振り返り、どこかに落ちていないかを探すべきです。

心当たりを探したものの鍵を発見できなかったとき、合鍵を持っていればそれを使うべきですが、それも手元にないときは専門家の力を借りましょう。

玄関の鍵を紛失したときの鍵開け方法

鍵業者の出張サービスへ依頼を出せば、玄関の鍵開けもすぐにおこなってもらえます。

玄関の鍵の防犯性や種類、数にもよりますが、作業自体は数分から数十分のうちに完了します。

防犯性の高い鍵や、鍵の数が多いほど時間がかかり、カードキーなどの特殊な鍵であるときも鍵開けまでの時間が長くなります。

鍵を紛失していたとしても、鍵業者は鍵穴にピッキングをおこない開錠します。しかし、防犯性が高度な鍵であれば、工具による部分的な破壊を必要とすることもあります。

玄関の鍵を紛失したときに新しい鍵を作成する方法

玄関の鍵を紛失したとき、鍵開けをするだけでは今後の生活に困る点が出てきます。

手元に鍵がないのであれば、玄関に鍵をかけられません。

この問題を解決する方法の一つに、新しく合鍵を作成するという選択があります。

鍵業者であれば、玄関の鍵開け作業と並行して、鍵穴から新しい合鍵を作成することができます。

この鍵は正規品の鍵に比べれば精度は落ちるものの、通常の使用には十分に耐えられます。

玄関の鍵を紛失したときは、鍵業者に鍵開けと鍵作成を依頼すれば、最もスムーズにトラブルを解決できるでしょう。

玄関の鍵紛失!鍵開けや新しい鍵を作るだけでいいの?

鍵の紛失は防犯上の大きなリスクです。

どこかに落としてしまったのかもしれませんが、それを誰かに拾われて悪用されないとは言い切れません。

また悪意を持った第三者に鍵を盗まれていたとすれば、防犯上のリスクは極めて深刻です。

鍵業者を呼んだときに、玄関と鍵開けと新しい合鍵を作成するだけでは、防犯上のリスクを完全に払しょくすることはできません。

玄関の鍵を新規のものに交換する方法も防犯上有効

紛失してしまった鍵を悪用されないようにする最良の方法は、新規の鍵に交換してしまうことです。

鍵業者に依頼すれば、鍵開けだけでなく、新規の鍵に錠前ごと交換することもでき、新しい鍵に変えることで、防犯上のリスクは解決します。

玄関の鍵を紛失したときは警察に届け出をする

鍵は第三者に悪用されるリスクもあるため、紛失したときは警察に届け出をしましょう。

もしかしたら、善意ある誰かが落とした鍵を警察に届けてくれているかもしれません。

警察に鍵が届けば、一定の安心を得られます。

ただし、鍵が警察に届けられるまでに、第三者に合鍵を作成されていることもあります。

また鍵に刻印されている固有の番号を知られれば、その番号からメーカーに正規の合鍵を発注することもできます。

侵入窃盗の手段の一つには、合鍵の使用による不正な玄関の鍵開けがあり、一度、紛失してしまった鍵には、防犯面でのリスクは完全に払しょくすることはできません。

玄関の鍵紛失をしたときは新規の鍵に交換するのがオススメ!

防犯面でのリスクを考えれば、鍵を紛失してしまったときは、合鍵作成してそのまま使うよりも新規の鍵に交換することがオススメです。

鍵業者に依頼しておけば、新規の鍵に交換する作業も鍵開けと同時におこなってもらえます。

新規の鍵にするメリットとしては、新しい鍵であるほど防犯性が向上している点も挙げられ、落とした鍵を侵入窃盗犯に利用されるリスクを考えれば、鍵交換という選択は有効です。

鍵交換をしないときは補助錠を設置することも対策として有効

鍵交換の費用が気になるときは、玄関のドアに新しい補助錠を設置する方法もあります。

補助錠は簡易で低額なものから、高額かつ高度な防犯性を持った鍵までさまざまな種類が選択できます。

防犯上で有効な考え方に、ワンドアツーロックというものがあります。

一つのドアに補助錠などを取り付けることで、二つ以上の鍵をかけるという方法です。

鍵開けを鍵業者に依頼したときは、鍵交換や補助錠の設置も考えてみることをオススメします。

まとめ

玄関の鍵紛失をしたときは、鍵業者に依頼しましょう!

鍵開けだけでなく、鍵穴からの合鍵の作成も行えます。

紛失した鍵が悪用されるリスクが気になる方には、新規の鍵への交換や、補助錠の設置を鍵業者に依頼することもオススメです。

鍵に関するご相談は、マッハ鍵サポートにご連絡ください。

お問い合わせはこちら

関連記事
ファミリーマンションの鍵開けができないとき頼るべきは鍵業者?
京都のマンションで鍵交換!業者に依頼する前に確認することは?

WRITER この記事を書いたのは…

著者: 坂本 祐一

最新記事

最新の開錠事例

※エリアや時間帯や混み具合によっては加盟店へ出動依頼をする事があります。