お電話はコチラまで

お問い合わせ24時間受付可能
お電話はコチラまで お問い合わせ24時間受付可能
column

column コラム

ディンプルキーは複製できない?交換するメリット・デメリットを解説

2019.08.01 セキュリティー

突然ですが、自宅のセキュリティ対策はできていますか?

セキュリティ対策といっても、玄関に監視カメラを取り付けたり、警備会社のホームセキュリティを利用したりするといったことではありません。

自宅の鍵を防犯性の高いものに変えるだけでも、十分なセキュリティ対策です。近年では、ディスクリンダ―錠からディンプルキーに交換する人が増えています。

この記事では、ディンプルキーに交換するメリット・デメリットを解説します。

ディンプルキーとは?

ディンプルキーは、鍵の表面に小さな丸いくぼみがあるのが特徴です。

一般的に使われている鍵といえば、両側や片側がギザギザしているのをイメージするかもしれません。これは従来型のディスクリンダ―錠で主流として使われていました。

しかし、近年ではピッキングによる空き巣被害が社会問題となった影響から、ディンプルキーの普及が進み、現在のシェア率は全体の約3割程度だといわれています。

ディンプルキーはピッキングに強い

ディンプルキーはピンキング対策として幅広く認知されるようになってきました。では、従来使われていたギザギザの鍵よりも丸いくぼみの方が高性能なのでしょうか。見た目だけでは分からない、ディンプルキーがピッキングに強い理由についてご紹介します。

ピンキングに強い理由

ディンプルキーは、鍵を差し込む部分(シリンダー)の構造が複雑です。

シリンダーは外筒と内筒の2つが組み合わさり、内筒が回転すると施錠・開業できる仕組みです。そしてシリンダー内部には、内筒の回転をピンがあります。

従来の鍵はピンが上下や左右など一方向にのみ設置されているのみですが、ディンプルキーは複数の方向にピンが設置されていることが、高い防犯性を実現しています。

ディンプルキーのピッキングにかかる時間

ディンプルキーは高い防犯性をもち、ピッキング被害に遭う確率も下がります。

一般的な鍵であれば、数秒から数分あれば簡単に開錠することができます。一方、ディンプルキーはプロの鍵師でも開錠するのに10分以上の時間がかかるといわれています。

しかし、ディンプルキーに交換すれば、ピッキング被害に遭わないわけではありません。専用のピッキング道具なども出回っているため、絶対に油断しないでください。

他の鍵より安全?ディンプルキーに交換するメリット

被害に遭ってから対策するのでは遅く、危険だと察知したらすぐに行動することが大切です。とはいっても、従来の鍵からディンプルキーに交換する意味はあるのか不安に感じている人もいるでしょう。ディンプルキーに交換するメリットをご紹介します。

防犯性が高い

ディンプルキーに交換する最大のメリットは、防犯性の高さです。

空き巣などの犯人のほとんどはピッキングに5分以上の時間がかかれば侵入を諦めるといわれています。たしかに油断は禁物ですが、不正開錠はほぼ不可能です。

交換費用の相場は1万円~2万円程度です。少し高いと感じるかもしれませんが、空き巣被害に遭ったときのことを考えれば、交換するメリットは高いといえます。

リバーシブルで使える

玄関の鍵を開けるとき、上下逆さまに入れてしまうことはありませんか?

上下が正しく入らないと鍵を開けることはできません。些細なことですが余計な手間がかかってしまい、ちょっとしたストレスに感じることもあるのではないでしょうか。

そんな悩みを解消してくれるのが、上下どちらに差し込んでも開錠できるリバーシブルキーです。すべてのディンプルキーはリバーシブルで使うことができます。

複製できない?ディンプルキーに交換するデメリット

従来の鍵よりも高い防犯性をもつディンプルキーですが、その構造の複雑さからデメリットに感じることもあります。これらをしっかりと理解していないと後悔することになるかもしれません。ディンプルキーに交換する2つのデメリットについてご紹介します。

合鍵複製の値段が高い

一般的な鍵であれば、1,000円前後でスペアを作ることができます。

しかし、ディンプルキーの合鍵を複製する場合、専用の機会や技術が必要です。そのため、通常よりも値段が高い3,000円~5,000円程度が相場になってきます。

シリンダー内部の構造が複雑したことで、簡単に複製できないことが原因です。また、メーカーに純正キーの複製を依頼すると、作成までに通常3週間~4週間程度かかります。

ディンプルキーは複製できないことも

街の鍵屋さんではディンプルキーの複製ができないことも少なくありません。

とはいっても、ディンプルキーはメーカーのバックアップ体制がしっかりしており、合鍵の複製をしたい場合はメーカーに依頼すれば対応してくれることがほとんどです。

また、複製した鍵からスペアを作ると微妙なズレが生じます。街の鍵屋さんでディンプルキーの合鍵複製を作る際は、必ず純正のマスターキーをベースにしてもらいましょう。

まとめ

自宅のセキュリティ対策として、防犯性の高いディンプルキーに交換する人は少なくありません。特に女性の一人暮らしは安全面を考えると心配です。通常の鍵よりも値段は高くなりますが、それ以上の効果が期待できます。セキュリティ対策を考えているのであれば、まずはディンプルキーを採用してみてくださいね。

マッハ鍵サポートの鍵開け、交換の料金はこちら

WRITER この記事を書いたのは…

著者: 坂本祐一

大手金庫メーカー在籍3年、後に鍵開けチェーン店に勤務 その後マッハ鍵サポートに入社、鍵歴10年のベテランです。 セミナー講師、鍵連載コラム多数あり。

最新記事