お電話はコチラまで

お問い合わせ24時間受付可能
お電話はコチラまで お問い合わせ24時間受付可能
column

column コラム

鍵のトラブルは保険にお任せ!紛失時に補償してくれる保険会社も紹介

2019.09.30 困ったとき

鍵を紛失や盗難被害など、鍵交換を強いられることがあるかもしれません。また、合鍵を持っていたとしても、不安だから交換したいと考える人も少なくないでしょう。とはいっても、鍵交換にはそれなりの料金がかかってしまいます。

そんな鍵のトラブル時でも役に立つのが保険です。保険の内容によっては鍵開け・鍵交換が無料になることも。そこで今回は、保険で補償してもらえる内容だけでなく、紛失時や盗難時に備えて加入しておきたい保険会社もご紹介します。

鍵のトラブルは火災保険で解決

生活の安全を守ってくれるのが鍵ですが、紛失してしまえば不安で仕方ないですよね。すぐにでも交換したいけど、鍵の交換費用は安くありません。そんな鍵のトラブルは火災保険で補償してもらえることも。その内容を詳しくご紹介します。

火災保険で補償してくれる内容


火災保険と聞くと、火事の補償とイメージしているかもしれません。

具体的に火災保険が補償するものは、「建物」と「家財」です。火事による被害を補償してもらえるのはもちろん、他にも以下のような被害を補償してくれます。

  • 水漏れ
  • 車の衝突
  • 盗難
  • 水災

これらの被害であれば、鍵のトラブルを解決できる場合もあります。

自動車の鍵のトラブルはJAFや自動車保険がおすすめ

ほとんどの火災保険に鍵トラブルの補償が含まれています。

とはいっても、鍵のトラブルは家のなかだけで起こるものではありません。たとえば「車の鍵を開けられない」のも日常生活でよく発生するトラブルのひとつです。

そんなときは、「JAF」や「自動車保険」に加入していれば解決できます。どちらも任意のサービスなので、あらゆる不安を解消したいという人は検討してみてください。

火災保険の鍵開け・鍵交換サービス


鍵のトラブルにも適応できる主な保険サービスをご紹介します。

         

会社名 商品名 サービス内容
東京海上日動火災 緊急時助かるアシスト(オプション) ・鍵の紛失や盗難に遭った場合、専門会社による鍵開け・鍵交換が無料(年1回まで)
・鍵盗難の場合は鍵、シリンダー交換も可能
※鍵紛失時の鍵交換は自己負担
重さ 6.1g 7.5g
損保ジャパン日本興亜 THEすまいの保険(個人用火災総合保険) ・鍵のトラブル応急サービス
・玄関鍵などの一般的な住宅鍵の解錠・破錠無料サービスあり
・鍵のトラブル応急サービス
・玄関鍵などの一般的な住宅鍵の解錠・破錠無料サービスあり
マイホームぴたっと ・専門業者を手配して緊急開錠してくれる。30分以内の一時的な応急修理費用(出張料および作業料)が無料。開錠作業が無料
・30分を越える作業、鍵交換の費用は自己負担
富士火災 未来住まいる(家庭用火災保険総合保険」「ライフパートナーα」 ・鍵の生活救急車の対応で30分程度の鍵開け作業が無料
・30分を越えた場合や、部品代は自己負担
三井住友海上 GKすまいの保険(家庭用火災保険) ・「暮らしのQQ隊」玄関錠の紛失は専門業者を手配してくれ、業者が直接開錠してくれる
・このサービスは特定のプラン限定
・30分程度の応急修理を越える作業料、部品代は自己負担
日新火災 住宅安心保険・住自在(すまいの保険) ・「すまいのサポート24」では、鍵の紛失に24時間・365日のサポートがある
・指定のダイヤル経由で依頼すれば無料対応。同じ個所同じ原因でのサポートは1回限り
朝日保険 ホームアシスト ・「鍵の生活救急車」への専門窓口になっており、取次ぎのみのサービス
・作業にかかわる料金は自己負担

それぞれの保険会社によって補償してくれる内容が変わってきます。すべての作業が無料になるというわけではありませんが、保険に未加入の場合だと鍵の開錠に数万円かかることを考えれば、加入しておいても損はないでしょう。

火災保険の盗難に対する補償


盗難被害にも対応できる主な保険サービスをご紹介します。

         

         

         

会社名 商品名 サービス内容
損保ジャパン日本興亜 THE すまいの保険 ・盗難被害に関して、建物が保険対象であれば、建物の損害(ガラスの破損、カーペットの汚損、鍵錠の破壊など)を、家財が対象であれば家財の損害に対して補償される
三井住友海上 GK すまいの保険(家庭用火災保険) ・住居への強盗、窃盗またはこれらの未遂に付随する家財の損害や建物の損壊・汚損に対して補償される
・駐車場・駐輪場なども含む
東京海上日動 トータルアシストすまいの保険 ・保険の対象によって、建物の被害、家財の被害に対する補償がある
・オプションで「すまいの選べるアシスト」をつければ、盗難再発防止のためのホームセキュリティサービスや防犯対策の補助錠、砂利、ガラスフィルムなどの防犯グッズを設置するサービスが選べる

最近では、住居からの盗難被害以外にも、付随する窓ガラスや壁などの破損・汚損に対して補償してもらえる火災保険や家財保険も増えてきました。

盗難被害であれば鍵以外でも現金や通帳、カードなどを補償してくれることもあります。また、盗難目的による家財の破損についての補償が含まれているケースも少なくありません。

まとめ

賃貸に住んでいる人であれば、契約時に火災保険も同時に加入していることもあります。とはいっても、すべての保険にこれらの補償が含まれているわけではありません。自分の加入している火災保険どこまで対応しているのかを確認してみましょう。

WRITER この記事を書いたのは…

著者: 坂本祐一

大手金庫メーカー在籍3年、後に鍵開けチェーン店に勤務 その後マッハ鍵サポートに入社、鍵歴10年のベテランです。 セミナー講師、鍵連載コラム多数あり。

最新記事