鍵開け、鍵交換のお問い合わせ24時間受付可能
お電話でのお問い合わせはコチラをタッチ
column

column 鍵屋の豆知識コラム

原付(yamaha)の鍵開けができない!故障?鍵交換は簡単にできるの?

2020.05.05 困ったとき

鍵交換

原付は普通免許があれば気軽に乗れてすごく便利ですが、鍵開けができないというトラブルで困った経験がある人も多いのではないでしょうか。

鍵開けができないと原付を動かせなくなってしまうので、早急に何とかしたいところですが、どのように対処すればいいのかわからない人も少なくないでしょう。

今回は、原付(yamaha)の鍵開けができない原因や対処法について、また、鍵交換の方法についてもご紹介します。

シャッターキーが原因で原付の鍵開けができない場合の対処法

原付を使用しようとして突然鍵開けができなくなると「どうして鍵開けできないの?」「もしかしたら、鍵交換しなければならない?」などと慌ててしまうかもしれません。

しかし、まずは落ち着きましょう。

鍵開けができない原因で多いのがシャッターキーによるものですので、シャッターキーが原因の場合の対処法についてご紹介します。

シャッターキーとは?

シャッターキーとは原付の盗難防止のための鍵のことです。

キーを閉めると鍵穴の部分に金属板がフタをするような状態になって鍵穴に触れることをできなくします。

そして、シャッターはシャッターキーの鍵穴の部分に、原付の鍵についている六角鍵を使用することで解錠できます。

シャッターキーが原因で鍵開けができなくなるケース

シャッターキーが原因で鍵開けができないケースはいくつかあります。

例えば、シャッターキーを紛失してしまったり、キーをメットインに入れたまま閉めてしまった場合や、第3者のイタズラなどによってシャッターが閉められてしまった場合などが考えられます。

また、シャッターキーにはマグネットが埋め込まれていて、キーと原付本体組み合わせによって解錠する仕組みになっていますが、キーか本体のどちらかが故障してしまっている可能性もあります。

シャッターキーが開かない場合の対処法

シャッターキーが正常な方法で開けることができない場合、工具などを使用して金属板を破壊すれば鍵開けすることが可能です。

しかし、手元に工具がない場合はほとんどですし、破壊しようとして他の部分まで故障してしまう可能性もあるのでおすすめできません。

シャッターキーが開かない場合は出張サービスをおこなっている鍵屋に連絡し、解錠してもらうのがおすすめです。

鍵の故障で原付の鍵開けができないケース

シャッターキーが原因となる以外では、鍵や鍵穴に原因がある場合も多いです。そこで、鍵の故障によって鍵開けができないケースについても紹介します。

鍵が挿せない

鍵穴の内部にホコリや砂、異物などが入り込んでいたり、鍵や鍵穴の内部が変形したりしていることで鍵が挿せないことがあります。

鍵の変形が原因の場合はスペアキーを使用することで鍵を挿せる場合もあります。

また、鍵穴内部の異物が原因の場合は鍵穴専用のエアダスターを使用して異物を取り除くことで解決する場合もあります。

こうした方法でも解決できなかったり、シリンダーが経年劣化などで変形してしまったりしている場合は、バイク屋や鍵屋に相談するのがおすすめです。

鍵が回らない

鍵の内部に異物が入っていたり、劣化で錆びていたりすることで鍵を挿しても回らないことがあります。

こうした場合は、鍵穴専用のエアダスターや潤滑油を使って鍵穴内部を掃除することで解決することがあります。

また、ハンドルロックへの負荷が原因で鍵が回らないこともあります。この場合は、左右にハンドルを動かしながら鍵を回すと回ることがあります。

鍵が折れた

鍵を回そうとしたら鍵が折れてしまうこともあります。

鍵が折れてしまった場合、折れた鍵を鍵穴から取り除いてスペアキーを使用すれば、鍵開けできますが、折れた破片が鍵穴から取れない場合もあります。

取れなくなった鍵の破片は、掃除機で吸引する方法やピンセットやマイナスドライバーを使って取る方法などがあります。

原付の鍵交換について

原付の鍵開けができない場合、その原因によっては鍵交換が必要です。

原付の鍵交換についてご紹介します。

自力で鍵交換できる?

「業者に鍵交換を依頼すると費用が高くなるだろうから自力で鍵交換できないだろうか?」と考える人もいると思います。

キーシリンダーセットや専用の工具を揃えることができれば自分で鍵交換することも可能ですが、必要なものを揃えるだけでも業者に依頼するのと同じくらい費用がかかってしまいます。

鍵交換はどこに依頼する?

原付の鍵交換はバイク屋か鍵屋に依頼するのが一般的です。JAFなどのロードサービスは鍵開けや原付の移動などには対応していますが、鍵交換はおこなっていないので注意が必要です。

鍵交換にかかる時間

鍵交換にかかる時間は原付の車種や鍵の種類、交換を行う人の技量などによって変わってきますが、シャッターキーがない古いタイプの場合だと20分くらいで交換が可能です。

また、シャッターキーがあるタイプでも1時間もあれば交換できるケースが多いです。

できるだけ鍵交換がスムーズにすませるためにも、鍵交換の依頼をする場合は、鍵の種類や車種、年式などの情報をできるだけ詳しく伝えるようにしましょう。

まとめ

原付を使用していると鍵開けができなくなることや、鍵交換が必要となることは珍しくありません。

突然、原付の鍵開けができなくなってしまったり、鍵交換が必要かもしれないというときに、落ち着いて対処できるように、鍵開けができなくなる原因や対処法を知っておきましょう。

自力で解決することができない鍵トラブルは鍵屋に依頼するのがおすすめです。

鍵に関するご相談は、マッハ鍵サポートにお任せください!
お問い合わせはこちらから

関連記事
原付の鍵開け(yamaha)!業者に連絡する前にまず確認することとは?
原付(yamaha)の鍵を紛失した!鍵開けや鍵作成にかかる費用はどれくらい?

WRITER この記事を書いたのは…

著者: 坂本 祐一

最新記事

最新の開錠事例

※エリアや時間帯や混み具合によっては加盟店へ出動依頼をする事があります。