鍵開け緊急のお電話はコチラまで

鍵開け、鍵交換のお問い合わせ24時間受付可能
お電話でのお問い合わせはコチラをタッチ
column

column 鍵屋の豆知識コラム

プリウスのリモコンキーが電池切れ!電池交換は自分でできる?

2020.04.11 困ったとき

プリウスの電池切れ

プリウスのリモコンキーは便利なものですが、内蔵してある電池が切れたらリモコン機能を使えなくなります。

ディーラーや修理業者に頼んでも交換してもらえますが、電池交換は自分でできないでしょうか?

答えとしては、できます。

プリウスのリモコンキーの電池交換は、それほど難しいものではありません。

用意するものはマイナスドライバーと交換用の新しい電池だけです。電池交換を自力でおこなうことで、費用や時間の節約になります。

今回は、プリウスのリモコンキーの電池交換についてご紹介します。

プリウスのリモコンキーの電池交換の方法

プリウスのリモコンキーの電池が消耗してくると、今までよりプリウスに近づかなければリモコンキーで鍵開けができなくなったり、鍵開けのための反応が鈍くなり、何度も試す必要が出てきます。

そういった予兆が現れ始めたら、リモコンキーの電池交換を早めにおこないましょう。

プリウスのリモコンキーの電池交換に必要な道具

プリウスの電池交換をおこなうためにはマイナスドライバーと、交換するための新品のリチウム電池が必要です。

リチウム電池についてはプリウスの車種によっては仕様が異なるため、プリウスの説明書や公式のホームページなどを検索して、自分のプリウスに必要なリチウム電池を調べます。

コンビニや家電量販店、トヨタの販売店や時計屋などでリチウム電池を探し、プリウスのリモコンキーに合ったリチウム電池を購入しましょう。

プリウスのリモコンキーの電池交換

まず、スマートキーなどで、メカニカルキーがある場合は引き抜きます。

リモコンキーではカバーの隙間にマイナスドライバーの先端を差し込み、こじ開けます。

カバーが外れれば、リモコンキーの中身が見えます。

鍵によってはカバーがもう一つあるため、それもマイナスドライバーをつかってこじ開けます。すると電子モジュールと、それに張り付いているリチウム電池が見えます。

マイナスドライバーの先端をリチウム電池のふちに差し込むようにして、持ち上げるようにして取り外します。

そして、用意していた新しいリチウム電池を差し替えることで電池交換は完了です。

このときの注意点は、リチウム電池の上下です。

これを逆にしてしまうと動きません。リチウム電池のプラスが上を向いた状態で交換しましょう。

リチウム電池を取り替えたら、外したカバーをもとに戻して全ての作業は終了です。

リチウム電池の注意点

リチウム電池は買い置きしていると、そのあいだにも電池としての機能が失われています。

より効率的に使うためにも、リモコンキー用のリチウム電池は買い置きせずに、交換が必要なときに購入し、すぐに使ってしまうことが適切です。

プリウスのリモコンキーに使えるリチウム電池は、その種類や店頭価格にもよりますが、安い店では300円ほどで売られています。作業時間は5分もかかりません。

業者に依頼すれば600円ほどかかり、移動する時間を考えれば自力で電池交換をした方がお得です。

プリウスのリモコンキーの電池交換は簡単

プリウスのリモコンキーの交換はとても簡単な作業なので、リモコンキーの電波が弱くなったと感じたら、すぐに自分で交換することもできます。

プリウスのリモコンキーの電池交換をする上での注意点

全てのプリウスに上記の方法が有効ではなく、マイナスドライバーだけでなく、小型のプラスドライバーによりねじ止めを外す作業がいるリモコンキーもあります。

リチウム電池の種類と同じように、あらかじめプリウスの車種からネットを使って調べたり、説明書を読んで電池交換の方法を把握しておくべきです。

プリウスのリモコンキーの電池がもしも切れたら

プリウスのリモコンキーの電池が切れれば、リモコン機能やキーレスエントリーなどの便利な機能が使えなくなります。

そういったときにも慌てる必要はありません。

メカニカルキー(従来のように鍵穴に差し込むための鍵)を使って、プリウスのドアを鍵開けします。

電池が切れていたとしても、キーレスエントリーは有効です。

ブレーキを踏みながらリモコンキーを、エンジンをかける時に使っているボタンに近づければ音が鳴ります。

音が鳴ったらボタンを押してエンジンをかけましょう。

電池が切れていたとしても、リモコンキーさえ紛失していなければプリウスのエンジンをかけるための方法はあります。

もしも、いきなり電池切れのトラブルに見舞われたとしても、あわてることなく上記の行動をすればプリウスを発進させられます。

まとめ

プリウスのリモコンキーの電池は使用方法や、鍵の保管場所によっても寿命が変わってきます。

電池切れの兆候が現れたら、できるだけ早くにリモコンキーの電池を交換するようにしましょう。

便利なリモコンキーの機能を適切に使うためにも、電池切れには注意すべきです。

プリウスの車種によっては電池切れを表示してくれるものもあるため、その表示に従うことで無用なトラブルをさけられます。

自分で交換することが面倒な場合や不安がある場合は、業者に交換を依頼することでも解決します。

自分でするにしても、依頼するにしても、早めの交換をおすすめします。

鍵に関するご相談は、マッハ鍵サポートにお任せください!
お問い合わせはこちらから

関連記事
車の鍵作成を依頼したい!費用はどのくらいかかるの?
スマートキーの電池の寿命はどのくらい?電池交換のタイミングは?

WRITER この記事を書いたのは…

著者: 坂本 祐一

最新記事

最新の開錠事例

※エリアや時間帯や混み具合によっては加盟店へ出動依頼をする事があります。